Echigoya Time

アーカイブ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コノハムシ状況 

温室に移したコノハたちは アッと言う間に葉を食い尽くしてしまい やむなく
レモンリーフ飼育に切り替えた 
ジャワは 初令の時からレモンリーフにしていたが ほぼ問題なく 今日、
最初の脱皮を確認した 2匹ほど死亡したが 順調と言っていいと思う
tobeloense も順調で 4令位になったものもいて レモンリーフを食べている
全体で3匹ほど死亡しているが 数が多いので この数は問題ない範囲内だと思う
ちょっと心配だったレモンリーフも何の加工もする必要なく普通に食べてくれるので
この時期の餌の確保には困らなくなった 温室のグアバや木苺はなかなか
育たないし 鉢植えを大切に育てていても ほとんど使う機会がない・・・
春~秋は家の外にラズベリーが雑草のごとく生えているので何の心配もない
今まで何が原因で失敗していたのかは不明だけど 今回は調子がいい
調子に乗ってもう少し種類を増やしてみようかな・・・・(笑)



0042017118.jpg
0052017118.jpg
0062017118.jpg

Onisus asellus 

普通種だと思うけど こいつらもなかなか増えない
そろそろ繁殖できる大きさになってきたので期待したいが
需要があるのかはわからない・・・


0062017115.jpg

Armadillidium nasatum 

何かのおまけで誰かが送ってくれたのだと思うが さほど特徴もなく
Armadillidium vulgareと同じようなものだと思い 放置していたが
やたらデカくなっているのを見つけた  左がArmadillidium officinalisの
ビッグサイズなので 同等か少し大きいくらい この種?は色のパターンも
いくつかあり多少、模様も入る 



0032017113.jpg

あけましておめでとうございます 

昨日、3♂2♀掘り出した
これらは今年の7月にワンダリングしていたもので おおよそ5か月で体が
固まった成虫を掘り出すことができる しかし8月ワンダリングのものは
数が少ないがすべて★だった 微妙な温度の変化で失敗したのかもしれない
10月と11月のワンダリング個体群はかなりの数があるのでちょっと期待したい

現在、1か月前にセットしたゴリアテス2♀が産み出した 
プレイシ―は ゴリアテスよりも産み方が早いようで かなり採れていて 順調に孵化している
サザナミは1♀産卵前に★になったが残りの♀がガンバってくれている
幼虫にサプリを与えなければならない種は 手間と金がかかるので 大量飼育は難しいが
今年は ゴリアテス300、プレイシ―100、サザナミ50、位を目標に増やしていきたいと思う


006gora.jpg

ユイツノハナムグリ 

Dicronocephalus yui yui
ユイはかなり羽化率が悪い ワリックはそれなりに羽化してきたけど ユイはワリックの
半分くらいの羽化率・・・ とりあえずユイの方を多く残して正解だった
恐らく累代品での産卵はかなり多いと思うので ここから巻き返していきたい


007yui.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。